女性

眼精疲労の治し方|対策をして視力をキープしよう

薬以外にも頼れる存在

シニア

多くの日本人が塩分過多

高血圧にならないため、または少しでも高血圧を改善するためには、1日に摂る塩分の量を6グラム未満に抑えるのが望ましいとされています。ところが日本人の多くは平均して9グラムから10グラムくらいの塩分を摂っており、明らかに塩分過多になっています。こうしたこともあり、日本では高血圧の患者の数が1000万人を超えています。そのため、ある程度の年齢になれば誰しも高血圧になるのは仕方がないと考える人も多いようですが、高血圧に対して有効な手を何も打たなければいずれは心筋梗塞や脳出血のような深刻な事態を招き寄せることとなります。それを防ぐためには、ウォーキングのような少しずつでも続けられる運動を行うとともにバランスの取れた食事を取ることが重要です。

GABAの降圧作用

体に無理のない運動を行い、塩分や脂肪分をひかえた食生活を続ければ、高血圧を少しずつ改善していくことが可能です。もちろんあまりに血圧が高すぎる場合には医師の診断を受けることが大切ですが、病院で処方される降圧剤は人によっては副作用が出ることもあります。特に呼吸器官が弱い人には咳などの副作用が出やすいので、薬以外に安全なサプリなどを利用することも高血圧対策として役立ちます。高血圧に効くとうたわれているサプリは多数存在しますが、その中でもGABA(ギャバ)のサプリは血圧に対する効果がすぐれているといわれています。GABAの降圧作用は医学的にも認められているので、GABAを原料とするサプリには特定保健用食品として認可されたものも数多くあります。