夫婦

眼精疲労の治し方|対策をして視力をキープしよう

薬以外にも頼れる存在

シニア

日本人は概して塩分を摂りすぎていることが多いため、高血圧の患者は1000万人を超えているとされています。高血圧を改善するにはウォーキングをしたり塩分・脂肪分を摂り過ぎないようにしたりするとともに、降圧作用のあるサプリを利用することが役立ちます。

もっと読む

食事に気を付ける

眼精疲労

栄養不足も原因

眼精疲労とは目の使い過ぎによって、目だけではなく体の様々なところに悪影響を及ぼしてしまう病気のことです。眼精疲労の原因として、テレビやパソコンの見過ぎやストレス、部屋の乾燥などが主に挙げられますが、栄養不足も眼精疲労を引き起こす原因の1つとなっています。栄養不足になると目の機能を維持する力が低下してしまい、眼精疲労につながります。眼精疲労を対策するためには普段食べている食事にも気を付ける必要があります。十分な栄養をとることで、目の角膜や網膜の働きが良くなる、視神経の伝達機能が回復しやすくなる、涙の量をきちんと調節するなど多くのメリットがあります。周りの環境や目の使いすぎだけに気を付けるのではなく、普段の食事にも気をつかうことが大切です。

栄養素

眼精疲労を対策するためには栄養不足を改善することが大切です。目の疲れや眼精疲労の対策に良いと言われている栄養素や食材はいくつかあります。ビタミンAやビタミンB群、ビタミンCは、目の健康を維持するためにとても重要な栄養素です。主にレバーやニンジン、豚肉やうなぎ、パセリなどに多く含まれています。また、眼精疲労を対策するサプリメントや健康食品にも使われていて、有名な栄養素として挙げられるのがアントシアニンです。アントシアニンは目に良いといわれているブルーベリーに多く含まれていて、目の血流が良くなる、視覚機能が改善するなどのメリットがあります。アントシアニンと同じくらい有名な栄養素がルテインです。ルテインは目の網膜の成分でもあり、多くとることによって目の病気を防ぐ効果もあります。ブロッコリーやほうれん草、卵などに含まれています。これらの栄養素や食材をバランスよく食事に取り入れることが大切です。

ゴマの持つパワーとは

栄養補助食品

セサミンはゴマに多く含まれる成分で高い抗酸化作用があります。肝臓まで届いて二日酔いの予防や疲労回復などにも効果があります。また脂肪の燃焼を高め中性脂肪などを減らします。セサミンのサプリメントを選ぶときには含有量や純度、品質などを調べることが大事です。

もっと読む

腸内の環境を整える

錠剤

「乳酸菌」は、動物性と植物性があります。動物性は腸に届く前に消滅してしまうことが難点ですが、植物性はいきたまま腸まで届き効果を発揮できます。取り入れるとお通じが良くなり、宿便も排出されていくそうです。

もっと読む